コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上顎癌 じょうがくがんmaxillary cancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上顎癌
じょうがくがん
maxillary cancer

上顎洞粘膜に原発する癌をいうが,もっと広く鼻,副鼻腔硬口蓋,上顎歯肉など上顎部全般の癌を含めることもある。扁平上皮癌が多い。初期にはあまり症状が現れず,上顎洞の骨が破壊され,周囲組織に障害が波及してから発見されることが多く,予後があまりよくない。 50~60歳の男性に好発する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上顎癌
じょうがくがん

上顎に原発した癌腫(がんしゅ)をいい、口腔(こうくう)癌の一種。歯肉、口蓋(こうがい)に発生するものに比べて、上顎洞(上顎骨内部の空洞)内部に発生することが多く、癌年齢とよばれる50歳以上の男性に多くみられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上顎癌の関連キーワード口腔(こうこう)フロイト開口障害多門照射鼻血

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android