放射線治療(読み)ホウシャセンチリョウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放射線治療

がんと周囲に放射線を浴びせる治療烹手術と違い、臓器を温存できる。放射線は正常な細胞よりがん細胞に強く作用し、がん細胞が分裂する能力をなくしたり、がん細胞を死なせたりできる。疲労や食欲減退のほか、治療部位に副作用が現れることがある。だが、初期がん向けの、がん組織に狙いを定めて多方向から放射線を浴びせる「3次元ピンポイント照射」など、効率的で副作用が少ない治療法も生まれている。

(2007-01-25 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

放射線治療【ほうしゃせんちりょう】

放射線療法ともいう。放射線の照射による治療法。X線,γ線,電子線,各種放射性元素などが使用される。対象は主として肉腫などの悪性腫瘍(しゅよう)で,そのほか血管腫などの良性腫瘍,バセドー病瘰癧(るいれき),各種皮膚疾患など。体外照射は,低電圧X線などで比較的浅い部位を照射する表在治療と,高電圧X線やコバルト60で深部の病巣を照射する深部治療に大別され,後者にはベータトロンや直線加速装置による超高圧X線や電子線が利用されている。体内照射には各種放射性元素,特に放射性同位元素が利用され,注射や内服によるほか,その封入細管を限局した病巣に刺入する組織内照射が用いられる。
→関連項目ガンマナイフ舌癌造血幹細胞移植苔癬頭頸部癌乳癌日和見感染症放射線科ラジウム療法理学療法粒子線治療

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんちりょう【放射線治療 radiation therapy】

放射線のもつ生物学的作用を利用して行う治療法。放射線療法ともいう。癌その他の腫瘍性疾患に対して行われるが,病的組織への破壊を最大にし,正常組織への障害を少なくするために,種々の方法や技術が駆使される。放射線の照射の方法には外部照射腔内照射,組織内照射,内用療法があり,放射線源核種としてはコバルト60 60Co,イリジウム192 192Ir,ヨウ素131 131Iが用いられる。このうちコバルト60は今日広く用いられている放射線源で,強力なγ線を照射することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の放射線治療の言及

【子宮癌】より

…このさいは若干の痛みを伴うのが普通である。
[頸癌の治療]
 前記のように手術治療も放射線治療もきわめて有効である。(1)手術治療 頸癌はたとえI期でも子宮の外に癌が転移している可能性がある。…

※「放射線治療」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線治療の関連情報