コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多食性 たしょくせい

大辞林 第三版の解説

たしょくせい【多食性】

(単食性に対して)多種類の生物を食物とする食性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の多食性の言及

【食性】より

… これとは別に,食べている生物の種類の多少に着目した食性の分け方もある。それは,単食性monophagous(ただ1種の生物しか食べない),狭食性stenophagousまたは少食性oligophagous(少数種の生物を食べる),広食性euryphagousまたは多食性polyphagous(多数種の生物を食べる)という区分であって,動物生態学では重要な概念である。 なお,食性と採食習性,つまり何を食べるかと,どうやって食べるかは,基本的には別の問題だが,しばしば混同されている。…

※「多食性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多食性の関連キーワードイセリヤカイガラムシワタフキカイガラムシクワゴマダラヒトリモグリバエ(潜蝿)アメリカシロヒトリモモスズメ(桃雀)ヨモギエダシャクヒトリガ(灯蛾)カメノコロウムシワタアブラムシセクロピア蚕オオヨコバイチャミノガオオミノガタマナヤガチャハマキクリケムシクスサンヒトリガ単食性

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android