夜半の嵐(読み)よわのあらし

精選版 日本国語大辞典「夜半の嵐」の解説

よわ【夜半】 の 嵐(あらし)

① 夜に吹く
※安法集(983‐985頃)「の夜の夜半の嵐のなかりせばね覚のにおきゐさえまし」
② (「親鸞聖人絵詞伝‐一」の聖人の詠に「明日ありと思ふ心の仇(よる)は嵐の吹ぬものかは」とあるところから) 一夜うちに桜を散らしてしまう嵐。無常の嵐。また、気づかないほんのしばらくの間に変化が起こることのたとえ。無常の風。よるの嵐。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夜半の嵐」の解説

よわ‐の‐あらし〔よは‐〕【夜半の嵐】

夜吹く風。
《「明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」〈親鸞上人絵詞伝〉による》一夜で桜花を散らす嵐。気づかないうちに変化が起こるたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android