夜半の嵐(読み)ヨワノアラシ

デジタル大辞泉 「夜半の嵐」の意味・読み・例文・類語

よわ‐の‐あらし〔よは‐〕【夜半の嵐】

夜吹く風。
《「明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」〈親鸞上人絵詞伝〉による》一夜桜花を散らす嵐。気づかないうち変化が起こるたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「夜半の嵐」の意味・読み・例文・類語

よわ【夜半】 の 嵐(あらし)

  1. 夜に吹く嵐。
    1. [初出の実例]「秋の夜の夜半の嵐のなかりせばね覚の床におきゐさえまし」(出典:安法集(983‐985頃))
  2. ( 「親鸞聖人絵詞伝‐一」の聖人の詠に「明日ありと思ふ心の仇桜夜(よる)は嵐の吹ぬものかは」とあるところから ) 一夜のうちに桜を散らしてしまう嵐。無常の嵐。また、気づかないほんのしばらくの間に変化が起こることのたとえ。無常の風。よるの嵐。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android