コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜半の嵐 ヨワノアラシ

デジタル大辞泉の解説

よわ‐の‐あらし〔よは‐〕【夜半の嵐】

夜吹く風。
《「明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」〈親鸞上人絵詞伝〉による》一夜で桜花を散らす嵐。気づかないうちに変化が起こるたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よわのあらし【夜半の嵐】

( 連語 )
夜ふく嵐。
〔親鸞上人の歌「明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」(親鸞上人絵詞伝)から〕 思いがけず起こる出来事のたとえ。また、明日のことは頼みにならない、人生は無常であることのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夜半の嵐の関連キーワード笹の屋皮肉禿松連語仮寝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜半の嵐の関連情報