夜越し(読み)ヨゴシ

デジタル大辞泉の解説

よ‐ごし【夜越し】

夜を越すこと。夜どおし。
「君がため―に摘める七草のなづなの花を見て忍びませ」〈散木集・一〉
夜、山河などを越すこと。夜ごえ。
「わしは今夜は―に行く」〈浄・伊賀越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よごし【夜越し】

夜を越すこと。夜どおし。 「君がため-に摘める七草の/散木奇歌集」
夜、山や川などを越え行くこと。 「わしは今夜は-に行く/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜越しの関連情報