山河(読み)さんか

精選版 日本国語大辞典「山河」の解説

さん‐か【山河】

〘名〙 (「さんが」とも) 山と川。また、山と川のある自然を総称していう。山川。せんが。
※性霊集‐一(835頃)贈野陸州歌「唯君一箇。帝心抽。山気。五百賢」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」 〔史記‐呉起伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「山河」の解説

さんが【山河】

熊本米焼酎。酒名は、球磨川清流源流にある山々をイメージして命名減圧蒸留で時間をかけて蒸留したあと、樫樽で1年以上貯蔵し熟成させる。原料米麹。アルコール度数25%。蔵元の「福田酒造」は昭和10年(1935)創業。所在地は人吉市西間下町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

普及版 字通「山河」の解説

【山河】さんが

山川。自然の姿。唐・杜甫〔春望 國破れて、山河在り 春にして、木深し

字通「山」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android