山河(読み)サンガ

デジタル大辞泉の解説

さん‐が【山河】

《「さんか」とも》山と。また、山や河のある自然。「ふるさとの山河

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんが【山河】

熊本の米焼酎。酒名は、球磨川清流源流にある山々をイメージして命名減圧蒸留で時間をかけて蒸留したあと、樫樽で1年以上貯蔵し熟成させる。原料米麹。アルコール度数25%。蔵元の「福田酒造」は昭和10年(1935)創業。所在地は人吉市西間下町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐か【山河】

〘名〙 (「さんが」とも) 山と川。また、山と川のある自然を総称していう。山川。せんが。
※性霊集‐一(835頃)贈野陸州歌「唯君一箇。帝心抽。山河気。五百賢」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」 〔史記‐呉起伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報