コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散木奇歌集 さんぼくきかしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散木奇歌集
さんぼくきかしゅう

平安時代後期の歌人源俊頼自撰家集。 10巻。 1622首。大治3 (1128) 年頃成立。『万葉集』などの古典にも当時の新風にも通じ,鮮明かつ幽婉な歌風で大御所的存在であった作者一生の総決算ともいうべき家集。「散木」は俊頼が木工頭であったから謙遜していったもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぼくきかしゅう〔サンボクキカシフ〕【散木奇歌集】

平安後期の私家集。10巻。源俊頼の自撰。大治3年(1128)ころの成立。歌数1600余首。奇語・俗語を用いて独自の新風を展開。散木集。散木弃歌集。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

散木奇歌集【さんぼくきかしゅう】

平安後期の歌人源俊頼の自撰家集。10巻。1127年―1128年ころの成立か。歌数は約1600首。うち連歌55句を含む。四季・祝部別離旅宿悲嘆部・神祇釈教・恋部上下・雑部上下と整然とした勅撰集的な部立である一方,俗語・奇語・万葉語を用いた個性的な和歌や連歌を収める等,俊頼の,和歌革新に向けた意欲的かつ多面的な模索と実践の集大成となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼくきかしゅう【散木奇歌集】

平安後期の歌人源俊頼の家集。10巻。最晩年70余歳の《金葉和歌集》(三奏本,1127年ごろ奏覧)撰定後に自撰したもの。〈散木〉は無用の木の意の謙辞。新奇な歌の意の〈奇歌〉と,棄(す)てるべき歌という卑下の〈弃歌〉と,両様の表記がある。1622首の自作歌を整然とした組織に分類した。春夏秋冬は月ごとに区別し,以下を祝,別離,旅宿,悲嘆,神祇,釈教,恋上下,雑上下に分かつ。俊頼の和歌観が自撰家集の意図と方法によく具現されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぼくきかしゅう【散木奇歌集】

源俊頼の自撰歌集。一〇巻。1128年頃成立。約一六〇〇首。連歌を収め、用語に俗語・奇語を交えるなど、革新的歌人としての俊頼の全貌をうかがうことができる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散木奇歌集
さんぼくきかしゅう

平安後期の歌人源俊頼(としより)の自撰(じせん)家集。10巻。晩年の1128年(大治3)ころの成立。1622首(うち重出歌3首)を勅撰集仕立てに部類した整然たる全歌集の形態をとっている。書名の「散木」は役にたたぬ木材の意で、歌道の権威でありながら不遇に終わったことへの自嘲(じちょう)が込められる。『万葉集』以来の古典に精通し、卑俗を恐れず表現の新奇、歌境の拡充を図った歌人だけに、難解な綺語(きご)、俗語を多用して、独自の新風を展開している。豪奢(ごうしゃ)な自然観照、清新な叙景歌など、歌風は多彩にわたる。[近藤潤一]
『関根慶子著『散木奇歌集の研究と校本』(1952・明治図書出版) ▽関根慶子著『中古私家集の研究』(1967・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

散木奇歌集の関連キーワード夜頃・夜来扱き下ろす須陀・首陀美弥良久じじめく謎謎物語瓦の松口悪ししがう夜越し瀬切り伏し柴叙景歌天の印朽ち目磯馴れ全貌空夢沼田穢し

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android