コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大し オオシ

大辞林 第三版の解説

おおし【大し】

( 形ク )
〔「多し」と同源。連体形の用例しかなく、のちには「おおき(なり)」という形容動詞として用いられた〕
大きい。広い。 「 - ・き海の水底みなそこ深く思ひつつ/万葉集 4491
偉大だ。 「酒の名を聖ひじりと負おおせし古いにしえの-・き聖の言ことのよろしさ/万葉集 339」 → おおき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大しの関連キーワード下垂体性TSH分泌亢進症日本アマチュア秀作美術館マイクロリーダー三尖弁閉鎖不全症ニーマンピック病リーシュマニア症肺門リンパ節結核斜頸のいろいろ釣り合いを取るステムレタス伏見稲荷大社シャーガス病引伸ばし写真高が知れる排卵誘発法尿道造影法フジ(藤)プラスサムフォアグラ山本土佐掾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大しの関連情報