コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大き オオキ

2件 の用語解説(大きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおき〔おほき〕【大き】

[形動ナリ]《「多い」と同語源の文語形容詞大し」の連体形から》
大きいさま。
「武蔵(むさし)の国と、下(しも)つ総(ふさ)の国との中に、いと―なる河あり」〈伊勢・九〉
はなはだしいさま。→大(おお)きに
「―なる辻風(つじかぜ)おこりて」〈方丈記
[接頭]名詞に付く。
大きい、偉大な、の意を表す。「大き海」「大き御門(みかど)」「大き聖(ひじり)」
同じ官職・位階のうちで、上位であることを表す。「大きものもうすつかさ」「大き三つの位」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおき【大き】

( 形動ナリ )
〔本来は「多し」と同源。その連体形「おおき」が上代では分量の大きいこと、さらには質のすぐれたことに用いられたが、中古では「おおき(なり)」と形容動詞として用いられるに至った。→おおし(大)
容積・面積が大であるさま。 「いと-なる河あり/伊勢 9
規模が大がかりであるさま。 「 -なることもし給はば/源氏 若菜下
程度が大であるさま。はなはだしいさま。 「中御門京極のほどより-なる辻風おこりて/方丈記」
( 接頭 )
名詞に付く。
大きい、偉大な、の意を表す。 「 -海」 「 -聖ひじり
同じ官職・位階のうち、上位であることを表す。 「 -ものまうすつかさ(大納言)」 「 -みつのくらゐ(正三位)」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大きの関連情報