コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大き オオキ

デジタル大辞泉の解説

おおき〔おほき〕【大き】

[形動ナリ]《「多い」と同語源の文語形容詞「大し」の連体形から》
大きいさま。
「武蔵(むさし)の国と、下(しも)つ総(ふさ)の国との中に、いと―なる河あり」〈伊勢・九〉
はなはだしいさま。→大(おお)きに
「―なる辻風(つじかぜ)おこりて」〈方丈記
[接頭]名詞に付く。
大きい、偉大な、の意を表す。「大き海」「大き御門(みかど)」「大き聖(ひじり)」
同じ官職・位階のうちで、上位であることを表す。「大きものもうすつかさ」「大き三つの位」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおき【大き】

( 形動ナリ )
〔本来は「多し」と同源。その連体形「おおき」が上代では分量の大きいこと、さらには質のすぐれたことに用いられたが、中古では「おおき(なり)」と形容動詞として用いられるに至った。→おおし(大)
容積・面積が大であるさま。 「いと-なる河あり/伊勢 9
規模が大がかりであるさま。 「 -なることもし給はば/源氏 若菜下
程度が大であるさま。はなはだしいさま。 「中御門京極のほどより-なる辻風おこりて/方丈記」
( 接頭 )
名詞に付く。
大きい、偉大な、の意を表す。 「 -海」 「 -聖ひじり
同じ官職・位階のうち、上位であることを表す。 「 -ものまうすつかさ(大納言)」 「 -みつのくらゐ(正三位)」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大きの関連キーワードラップトップコンピューター心臓超音波検査(心エコー)相互インダクタンスケーパビリティー持ち扱い・持扱いポケットサイズブランケット判切り炭・切炭正球性貧血ラウドネス巨岩・巨巌面積グラフ闊大貨物美濃紙判定常電流温度勾配間取り図荷が重いフォリオ六号活字

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大きの関連情報