コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大い オオイ

デジタル大辞泉の解説

おおい〔おほい〕【大い】

《「おお(大)き」の音変化》
[形動ナリ]
大きいさま。
「―なる木どものもとに車を立てたれば」〈・一四二〉
程度のはなはだしいさま。状態が、ふつうよりもまさっているさま。→大いなる大いに
「―なるわざし給ふなるを」〈宇津保・藤原の君〉
[接頭]人物を表す名詞に付く。
同じ官職・位階のうち上位であることを表す。「大いもうちぎみ」「大い三つの位」
年長の人であることを表す。「大いとの」「大いぎみ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおい【大い】

( 形動ナリ )
〔「おおき(なり)」の転〕
形状の大きなさま。 「なえたる衣どもの厚肥えたる、-なる籠にうちかけて/源氏 帚木
程度のはなはだしいさま。 「とうりう寺に上野かんずけのみ子の-なるわざし給ふなるを/宇津保 藤原君」 〔現在では、連体形「大いなる」と連用形「大いに」とが用いられる。→おおいなるおおいに

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大いの関連キーワード青森県上北郡おいらせ町東下谷地Study Groupそしてボビーは死んだ鼬の無き間の貂誇りカリュドンの猪狩一癖も二癖もあるアプリシエート大疑は大悟の基ハンナラ党久山(町)左千夫歌集当たり合ひ闊歩・濶歩笑み栄ゆ阿諛追従存在価値緑の革命商売繁盛笑み曲ぐ息筋張る

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大いの関連情報