大い(読み)オオイ

デジタル大辞泉の解説

おおい〔おほい〕【大い】

《「おお(大)き」の音変化》
[形動ナリ]
大きいさま。
「―なる木どものもとに車を立てたれば」〈・一四二〉
程度のはなはだしいさま。状態が、ふつうよりもまさっているさま。→大いなる大いに
「―なるわざし給ふなるを」〈宇津保・藤原の君〉
[接頭]人物を表す名詞に付く。
同じ官職・位階のうち上位であることを表す。「大いもうちぎみ」「大い三つの位」
年長の人であることを表す。「大いとの」「大いぎみ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおい【大い】

( 形動ナリ )
〔「おおき(なり)」の転〕
形状の大きなさま。 「なえたる衣どもの厚肥えたる、-なる籠にうちかけて/源氏 帚木
程度のはなはだしいさま。 「とうりう寺に上野かんずけのみ子の-なるわざし給ふなるを/宇津保 藤原君」 〔現在では、連体形「大いなる」と連用形「大いに」とが用いられる。→おおいなるおおいに

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大いの関連情報