コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クープラン クープランFrançois Couperin

1件 の用語解説(クープランの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クープラン(François Couperin)

[1668~1733]フランスの作曲家。音楽家の家系に生まれ、大クープランと称される。クラブサン奏法を確立した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクープランの言及

【クープラン】より

…クラブサン奏者,オルガン奏者。250年以上つづいたフランス有数の音楽家の家系の最大の存在で,同名の伯父フランソア1世(1631ころ‐1708から12)と区別するために〈大クープラン〉とか〈フランソア2世〉と呼ばれる。フランソアは父シャルル2世Charles II C.(1638‐79)がオルガン奏者を務めるサン・ジェルベ教会の宿舎で生まれ,幼少から父にオルガンの手ほどきを受けた。…

※「クープラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クープランの関連キーワードポーランド史オニビシ吉原(遊廓)小原慶山天野信景アウグスト[2世]塩尻逸然元政守銭奴

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クープランの関連情報