コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴津麻呂 おおともの つまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴津麻呂 おおともの-つまろ

日本書紀」にみえる武人
雄略天皇9年新羅(しらぎ)(朝鮮)遠征の際,大伴談(かたり)にしたがう。談が新羅軍を敗走させたものの残兵との戦いで戦死したことをなげき,敵陣に打ってでて戦死したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android