コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴部子羊 おおともべの こひつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴部子羊 おおともべの-こひつじ

?-? 奈良時代の防人(さきもり)。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)下総(しもうさ)相馬郡から筑紫(つくし)に派遣された。そのときの歌1首が「万葉集」巻20におさめられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大伴部子羊の関連キーワード奈良時代天平勝宝防人

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android