大割球(読み)だいかっきゅう(英語表記)macromere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大割球
だいかっきゅう
macromere

原生動物以外の動物 (後生動物) における初期発生の卵割期の胚で,割球の大きさに著しい差があるとき,大型の割球をいう。多くは植物極側にあって卵黄を含み,内胚葉を形成する。ウニ卵の 16細胞期では8個の中割球,4個の大割球,4個の小割球より成るが,大割球は植物半球の主要部を占め,これから内胚葉と外胚葉の一部を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android