コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割球 かっきゅうblastomere

翻訳|blastomere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割球
かっきゅう
blastomere

受精卵から卵割によって生じた細胞。おもに2細胞期から胞胚期までの細胞をいう。割球は成長しないため,卵割が進むにつれ,一般細胞の大きさに近づく。しかしまだ形態的にも,物質的にも分化は進まず,著しい変化はない。卵割様式により,また割球の占める位置によって,大きさ,含有する顆粒,色素その他の物質に規則的な違いがみられ,胚の分化に重要な役割を演じるものがある。一方,割球の核は受精卵の核とまったく等価であることが示されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かっ‐きゅう〔‐キウ〕【割球】

受精卵が二細胞期から胞胚期まで卵割を繰り返して生じた細胞。形態的にまだ分化をしていないもの。卵割球。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

割球

 分割球,卵割球ともいう.受精卵が卵割を繰り返し胞胚とよばれる時期に至るまでの細胞.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かっきゅう【割球】

受精卵の卵割によって生じた未分化の細胞。二細胞期から胞胚期までのものについていう。卵割球。分割球。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の割球の言及

【卵割】より

… 卵の細胞質には,あらかじめ卵割期およびその後の形態形成の過程を維持するためのエネルギーや情報が大量に蓄えられており,新たな細胞質の合成は卵割期を通じてほとんど行われない。このため卵の細胞質は,卵割の過程を通じてそのまま多数の割球blastomere(卵割の結果として生じた細胞をとくにこう呼ぶ)に分配される。したがって卵細胞質に不均一がある場合には,さまざまに異なる細胞質環境をもった細胞が生ずることになる。…

※「割球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

割球の関連キーワードルー(Wilhelm Roux)バルフォアの法則ビュッチュリヘルトウィヒ骨片母細胞ドリーシュ着床前診断モザイク卵致死遺伝子多胚形成PGD調整卵部分割桑実胚大割球調節卵桑実期全割発生体腔

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

割球の関連情報