コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和塀 ヤマトベイ

デジタル大辞泉の解説

やまと‐べい【大和塀】

杉の皮を縦に張り、竹の押縁(おしぶち)で押さえた塀。数寄屋などの庭に用いる。
板を大和打ちにした塀。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまとべい【大和塀】

杉皮またはヒノキの皮を縦に張り、竹で水平の押し縁を打ち付けた塀。
板を大和打ちにした塀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大和塀の言及

【塀】より

… 日本建築における木造の塀としては,頂部に横木(笠木)を置いた笠木塀,板葺きや瓦葺きの屋根を造る屋根塀,防御のため特に高くした高塀などがあり,それぞれ柱間に板を張るもの,割竹や杉皮を張るもの,土壁とするものなどがある。板を張った塀のうち,貫(ぬき)の表と裏に交互に1枚ずつ竪板を張るものを大和塀,横板を羽重ねに張った下見板に簓子(ささらこ)を付けたものを簓子塀と呼ぶ。数寄屋建築などに用いる塀で,杉皮を縦に張って竹で押さえたものも大和塀と呼んでいる。…

※「大和塀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報