コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地宗琢 おおち そうたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大地宗琢 おおち-そうたく

?-? 江戸時代中期の茶人。
石州流の初代伊佐幸琢の門下七哲のひとり。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主松平清武(きよたけ)につかえ,茶頭となった。門弟に岡田耕雲らがいる。号は珍阿,尚々庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android