館林(読み)タテバヤシ

精選版 日本国語大辞典の解説

たてばやし【館林】

群馬県南東部の地名。利根川と渡良瀬(わたらせ)川にはさまれる。室町時代、赤井氏の築城後軍事上の要地となり、江戸時代は徳川綱吉、松平・太田氏の入封を経て、秋元氏六万石の城下町として発展。館林紬・製粉・醤油醸造を中心とする工業が伝統的に行なわれる。文福茶釜の伝説で知られる茂林寺がある。昭和二九年(一九五四)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android