コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地鷸 オオジシギ

2件 の用語解説(大地鷸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおじ‐しぎ〔おほヂ‐〕【大地×鷸】

シギ科の鳥。全長約30センチ。全身が茶色のまだら、くちばしはまっすぐで長い。本州中部以北で繁殖し、冬はオーストラリアまで渡りをする。急降下するときに大きな音をたてるので、かみなりしぎともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおじしぎ【大地鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長30センチメートル 内外。全体が黄土色と黒褐色のまだら。くちばしはまっすぐで長い。日本特産で、中部地方以北の原野でのみ繁殖し、冬はオーストラリアなどに渡る。繁殖期には、上空より鳴きながら急降下し、ガーッガッガッと雷のような羽音をたてる。近年、激減した。カミナリシギ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone