コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地鷸 オオジシギ

デジタル大辞泉の解説

おおじ‐しぎ〔おほヂ‐〕【大地×鷸】

シギ科の鳥。全長約30センチ。全身が茶色のまだら、くちばしはまっすぐで長い。本州中部以北で繁殖し、冬はオーストラリアまで渡りをする。急降下するときに大きな音をたてるので、かみなりしぎともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおじしぎ【大地鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長30センチメートル 内外。全体が黄土色と黒褐色のまだら。くちばしはまっすぐで長い。日本特産で、中部地方以北の原野でのみ繁殖し、冬はオーストラリアなどに渡る。繁殖期には、上空より鳴きながら急降下し、ガーッガッガッと雷のような羽音をたてる。近年、激減した。カミナリシギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大地鷸 (オオジシギ)

学名:Gallinago hardwickii
動物。シギ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大地鷸の関連キーワードカミナリシギ黄土色繁殖期黒褐色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android