大塚にんじん

デジタル大辞泉プラスの解説

大塚にんじん

山梨県西八代郡市川三郷町の大塚地区で生産されるニンジン。長さは収穫時には80cmほどになる。当地で「のっぷい」と呼ばれる肥沃できめ細かく深い土壌がニンジンの栽培に適しており、古くから盛んに栽培されてきた。品種名は「国分鮮紅大長」。地域団体商標。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大塚にんじん[根菜・土物類]
おおつかにんじん

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に西八代郡市川三郷町大塚地区で生産されている。この地区の肥えた土壌は、のっぷいと呼ばれ根菜類がよく獲れる。太くて長いにんじん。長いものは100cm以上に育つ。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塚にんじんの関連情報