コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島田 オオシマダ

デジタル大辞泉の解説

おお‐しまだ〔おほ‐〕【大島田】

島田(まげ)を大きく結い上げたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおしまだ【大島田】

大きく結った島田髷まげ。 「洗ひ髪の-に新わらのさわやかさ/にごりえ 一葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大島田の言及

【島田髷】より

…江戸前期,男髷を基礎として案出され,語源は定説はないが,東海道島田宿の遊女が結いはじめたのに由来するという。初期の髷は大島田(おおしまだ)といわれ髷が太く素朴に結われているが,のち技巧が加えられ,根を高く髷を厚く結う高島田,根を低くし髷の中央をくぼませるつぶし島田,投げ島田などが親しまれている。このほか,江戸中期,後期を含めてその名称だけで30種類近くある。…

【根掛】より

…近世になって女性の結髪が盛んになると,和紙(奉書,吉野紙など)を三つ折,四つ折にして髷の根に巻く方法が行われた。元禄期(1688‐1704)には大島田が流行し,その影響で根掛も幅広のものをはでに結ぶ風が起きている。また,御殿,一般でそれぞれ根掛の飾り方が違い,娘や花街の妓には色紙に箔散らしなどが好まれ,花嫁の文金高島田には,金銀や紅白が用いられている。…

※「大島田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大島田の関連キーワードにごりえ島田髷苦労根掛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大島田の関連情報