コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大慈悲 だいじひ

大辞林 第三版の解説

だいじひ【大慈悲】

大慈大悲」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大慈悲の言及

【愛】より

…原義は〈うめき〉であるとも言われ,〈(他者の苦痛をわがこととして)苦しむこと・嘆き悲しむこと〉から,〈同情・あわれみ〉を意味するようになった。仏陀の〈悲〉はとくに,〈マハー・カルナーmahā‐karuṇā(大悲・大慈悲)〉と呼ばれ,〈自分が,だれかに,どれだけのことをしてやる〉という,3条件を意識しない,〈無縁の大悲(無条件の大きな愛)〉だとされている。なお,〈慈悲〉の原語は,上記の2語のどちらか一つ,双方,別の語と,一定していない。…

※「大慈悲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大慈悲の関連キーワード本興寺(静岡県)アバターラ観世音菩薩阿弥陀胸割救世の闡提大悲多聞天観音の本誓蒲原 有明怨親平等浄土真宗平等性智蒲原有明大慈大悲大悲者聖観音阿私仙慈悲加持悲願五行

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android