コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江清定 おおえ きよさだ

2件 の用語解説(大江清定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江清定 おおえ-きよさだ

?-? 鎌倉時代の悪党。
父の跡をうけて東大寺領伊賀(いが)(三重県)黒田荘の下司(げし)となる。東大寺に反抗し,弘安(こうあん)元年(1278)下司職を没収され,出雲(いずも)(島根県)に配流。正和(1312-17)のころ黒田荘にもどり悪党行為をかさね,嘉暦(かりゃく)3年備後(びんご)(広島県)へ流された。その後も荘にかえり,乱暴をくりかえした。別名に清高。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大江清定

生年:生没年不詳
鎌倉時代後期の悪党張本。のちに名を清高と改めた。伊賀国の東大寺領黒田荘(三重県名張市)に在住。弘安1(1278)年ごろ東大寺に反抗,寺家より相伝の下司職を没収され,荘園管理組織からはずされた。いらい本所違背・供料抑留・山賊強盗をはたらき,「大犯」の悪党として鎌倉幕府の手により身柄を拘禁,弘安9年に出雲国へ流された。しかし元亨4(1324)年2月までには黒田荘に還住,寺家敵対の活動を再開した。武家使節の取り締まりは手ぬるく,ために縁者の住宅を城郭にするなどの縦横の活動であった。嘉暦3(1328)年ようやく六波羅に召進された。<参考文献>小泉宜石『悪党』

(新井孝重)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江清定の関連キーワード悪党勘仲記張本人野帳金王盛俊金毘羅義方生西生西法師服部持法源為時

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone