正和(読み)ショウワ

大辞林 第三版の解説

しょうわ【正和】

年号(1312.3.20~1317.2.3)。応長の後、文保の前。花園天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうわ【正和】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1312年から1317年まで、花園(はなぞの)天皇の代の元号。前元号は応長(おうちょう)。次元号は文保(ぶんぽう)。1312年(応長2)3月20日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『唐記(とうき)』を出典とする命名。正和年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代、鎌倉幕府最後の将軍)。執権は北条宗宣(むねのぶ)(11代)、北条煕時(ひろとき)(12代)、北条基時(ととき)(13代)、北条高時(たかとき)(14代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうわ シャウワ【正和】

[一] 花園天皇の代の年号。応長二年(一三一二)三月二〇日に天変、地震などのため改元。正和六年(一三一七)二月三日に文保元年となる。執権は北条宗宣、熙時、基時、高時の時代。出典は「唐記」の「皇帝受朝奏正和」。
[二] 継体天皇の代に行なわれた私年号。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正和の関連情報