大沢 一郎(読み)オオサワ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

大沢 一郎
オオサワ イチロウ

昭和期の弁護士 元・検事総長。



生年
明治43(1910)年6月9日

没年
昭和61(1986)年9月12日

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
京都帝大法学部〔昭和7年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和55年〕

経歴
法務省矯正局長、大阪地検検事正、最高検刑事部長、法務事務次官、最高検次長検事、東京高検検事長などを歴任、昭和48年2月から50年1月まで戦後10代目の検事総長。言いたい放題の毒舌家、水に酔ってクダを巻くと評された。槇枝元文・元日教組委員長らを地方公務員法違反で逮捕、起訴した49年の“日教組ゼネスト事件”、同年5月起訴の“石油ヤミカルテル事件”などを指揮した。退官後は、ロッキード裁判で議院証言法違反に問われた国際興業社主・小佐野賢治被告の1審以来の弁護団メンバー。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大沢 一郎 (おおさわ いちろう)

生年月日:1910年6月9日
昭和時代の司法官;弁護士。検事総長
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大沢 一郎の関連情報