コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検事総長 けんじそうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検事総長
けんじそうちょう

検察官中最高位の官吏で,検事総長官名であり,職名でもある。最高検察庁の長として庁務を掌理するとともに,すべての検察庁の職員を指揮監督する権限をもつ (検察庁法7) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんじ‐そうちょう〔‐ソウチヤウ〕【検事総長】

検察官職階の一。最高検察庁の長として庁務を掌理し、すべての検察庁の職員を指揮・監督する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじそうちょう【検事総長】

最高検察庁の長である検察官。庁務を掌管し、かつすべての検察庁の職員を指揮・監督する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検事総長
けんじそうちょう

最高検察庁の長として、庁務を掌理し、かつすべての検察庁の職員を指揮監督する検察官をいう(検察庁法7条、3条)。その任免は内閣が行い、天皇がこれを認証する(同法15条)。法務大臣は、個々の事件の取調べまたは処分については、検事総長のみを指揮することができる(同法14条但書)。[内田一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の検事総長の言及

【検察制度】より

…裁判所構成法に代えて裁判所法(1947公布)および検察庁法(1947公布)が制定され,検察庁法が現在の検察制度の基本法となるのである。
[現在の検察制度]
 検察庁法によると,検察官は,検事総長,次長検事,検事長,検事および副検事の総称である。検察官の行う事務を統括する官署が検察庁であり,裁判所の組織・配置に対応して,最高検察庁,高等検察庁(東京,大阪,名古屋,札幌,仙台,広島,高松,福岡),地方検察庁(都道府県庁所在地のほか旭川,釧路,函館の50庁),区検察庁(438庁)が置かれている(1997年4月現在)。…

※「検事総長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

検事総長の関連キーワードウィリアム・B. サクスビーキーナン ジョセフ・ベリートーマス・C. ウェッブナタリア・ポクロンスカヤアーチボルト コックスW.M. ブラッガーW.F. モンデールマーク マックイガンジョン コステロE. ジョーンズサン・ローラン検察官(法律)鈴木 喜三郎横田 国臣指揮権発動野崎 啓造安原 美穂中野 並助松阪 広政メンジーズ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検事総長の関連情報