コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洋底 たいようてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大洋底
たいようてい

深海底」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大洋底の言及

【深海魚】より

…これらの種の食道や胃は伸縮自在で,自分と同程度またはそれ以上の大きさの餌でさえも丸のみにすることができる。 中・深層遊泳性魚類の生息空間は,一般に太陽の光,とくに青系の光の影響を多少なりとも受ける200~1000m層の上部漸深海帯,1000~3000mの下部漸深海帯,水温の鉛直勾配のほとんど見られぬ3000mから大洋底(5000~6000m)までの深海帯,大洋底からさらに深くきれ込んだ海溝部分の超深海帯に区分される。 上部漸深海帯の魚類には,ハダカイワシ,ヨコエソ,テオノエソ類,ワニトカゲギス・ホテイエソ類を代表とする発光魚が生息する。…

※「大洋底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大洋底の関連キーワードジョイデス・レゾルーション号グローマーチャレンジャー号バインマシューズ仮説国際深海底掘削計画海洋底変成作用大洋底掘削計画環太平洋火山帯海洋底拡大説軟マンガン鉱遠洋性堆積物大洋化作用説マレー断裂帯放散虫軟泥構造地質学大陸移動説大洋恒久説クラトン火成作用安山岩線中央海嶺

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android