コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青泥 アオデイ

デジタル大辞泉の解説

あお‐でい〔あを‐〕【青泥】

青金(あおきん)の粉をにかわでまぜて泥状にした彩色の材料。青金(あおきんでい)。

あお‐どろ〔あを‐〕【青泥】

大陸棚の堆積物で、硫化鉄などを含む青色の泥。珪酸を60パーセント以上含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青泥【あおどろ】

陸源性海洋堆積物中最も普通に認められるもの。半分以上は細粒の泥で,ほかに有機物と鉱物片を含む。青泥の特徴の青色は,有機物や細粒の硫化鉄のため。採泥直後は硫化水素臭がある。
→関連項目底質

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あおでい【青泥】

青金あおきんの粉末を膠にかわで溶いたもの。美術工芸品の彩色用。青金泥。

あおどろ【青泥】

青色をした泥。
海底堆積物の一。ケイ酸分が60パーセント以上の泥。硫化鉄を含むため青色を呈する。大陸斜面に広く分布。せいでい。

せいでい【青泥】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青泥の関連キーワードターリエン(大連)特別市大連(中国)海底堆積物大陸斜面大陸棚分布緑泥紫泥大連粉末

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android