コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦洞 テポドン

1件 の用語解説(大浦洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テポドン【大浦洞】

朝鮮民主主義人民共和国ミサイル。1号と2号があり、1号は射程距離が1500キロ程度のIRBM中距離弾道ミサイル)。2号は6000キロ前後とみられ、ICBM大陸間弾道ミサイル)に分類される。名称は発射基地のある舞水端里の旧名「大浦洞」に由来。
[補説]発射実験が1号は1998年8月に、2号は2006年7月に行われた。1号は日本上空を横切って太平洋に着弾。2号はハワイ沖を目指したとみられるが、失敗して日本海に着弾した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大浦洞の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国KCNA松岳脱北チョソンクルノドン一号北韓南朝鮮朝鮮民主主義人民共和国科学院

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone