コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漁祝い たいりょういわい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大漁祝い
たいりょういわい

一定以上の漁獲高があったときに,親方の家や浜で酒宴を開くこと。親方が赤手拭や着物を1枚ずつ配るとか,餅をついたりなどして祝う。マンイワイと称する地方が多く,これは大漁祈願のマンナオシ,エンギナオシと対応する。ここでマン,マといわれるのは「しあわせ」というような意味である。この祝いにセンゴシイワイ,マンゴシイワイの別がある地域もある。これは漁獲高に対応するものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大漁祝いの関連キーワード日本のおもな郷土玩具万越祝い・万越祝萬祝式大漁旗鴨川萬祝長染よされ大漁節大漁唄い込み鯨舟・鯨車上総とんび銚子大漁節紀州鯨唄狩猟儀礼萬祝半天上総袖凧斎太郎節ドヤ節大漁唄祝儀袖凧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android