大瓶(読み)オオビン

デジタル大辞泉の解説

おお‐びん〔おほ‐〕【大瓶】

大型の瓶。ビール瓶では、容量633ミリリットルのものをいう。

たい‐へい【大瓶】

大きなかめ。大がめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐へい【大瓶】

〘名〙 大きなかめ。
申楽談儀(1430)魚崎御座之事「大瓶、二日のうちに、よからんずるを一、長殿召さるべし」 〔顧瑛‐玉鸞謡〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大瓶の関連情報