コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大疑録 たいぎろく

2件 の用語解説(大疑録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大疑録
たいぎろく

江戸時代前期の儒学者貝原益軒の著。正徳4 (1714) 年成立。死没の2ヵ月ほど前に書かれたもので朱子学に対する疑念,批判を述べたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大疑録
たいぎろく

江戸前期の儒者貝原益軒(かいばらえきけん)が最晩年にまとめた朱子学批判の書。1713年(正徳3)に成る。二巻。青年期に朱子・陽明兼学を志した益軒は福岡藩主黒田光之(みつゆき)に仕え、約10年間京都へ遊学させられた。在京中36歳のとき、明(みん)の陳清瀾(ちんせいらん)の陽明学批判書『学蔀通辨(がくほうつうべん)』を読み、朱子学一途に進む決意を表明した。その後も伊藤仁斎(じんさい)との出会い、また彼自身の博物学的研究を介し朱子学のもつ観念性への疑問を募らせ、明の修正朱子学派、罹整庵(らせいあん)の『困知記』、呉蘇原(ごそげん)の『吉斎漫録(きっさいまんろく)』などによりそれを確かめ、本書の成立に至った。益軒は理気合一論、さらに気一元論をとり、古学派に近い立場であった。本書は彼の没後半世紀を経た1767年(明和4)に、徂徠(そらい)派により出版された。[井上 忠]
『井上忠著『貝原益軒』(1963・吉川弘文館) ▽『益軒全集 第二巻』(1911・隆文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大疑録の関連キーワード貝原東軒童子訓小川多左衛門貝原存斎貝原好古貝原楽軒貝原和軒櫛田可懶櫛田琴山鶴原九皐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone