本書(読み)ホンショ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐しょ【本書】

《「ほんじょ」とも》
主となる文書。添付文書・付録などに対していう。
正式の文書。下書き・写しなどに対していう。
基準となる本。原本。正本(しょうほん)。
この文書書物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんしょ【本書】

添付文書や付録に対して、主となる文書。
下書きや写しに対して、正式の文書。
この本。この書物。
〘仏〙 〔「ほんじょ」と読む〕 各宗派開宗の根本を述べた書物。浄土宗の選択本願念仏集、浄土真宗の教行信証、日蓮宗の立正安国論など。本典。御書。根本聖典。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本書の関連情報