本書(読み)ホンショ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐しょ【本書】

《「ほんじょ」とも》
主となる文書。添付文書・付録などに対していう。
正式の文書。下書き・写しなどに対していう。
基準となる本。原本。正本(しょうほん)。
この文書書物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんしょ【本書】

添付文書や付録に対して、主となる文書。
下書きや写しに対して、正式の文書。
この本。この書物。
〘仏〙 〔「ほんじょ」と読む〕 各宗派開宗の根本を述べた書物。浄土宗の選択本願念仏集、浄土真宗の教行信証、日蓮宗の立正安国論など。本典。御書。根本聖典。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐しょ【本書】

〘名〙 (古く「ほんじょ」とも)
① 文書・書籍の主部、本体となる部分。副進文書(添状・具書)・注釈・付録などに対していう。本文。正文(せいぶん)
※今鏡(1170)四「天台の止観とかいふふみを、〈略〉本書ばかりはつたへさせたまひてけり」
② 正式の文書。正文(しょうもん)。下書き・写しに対していう。
③ 基準・根拠となる本。正本(しょうほん)。原本。
※能序破急事(1418)「此本書、花習内 題目六ケ条事書八ケ条也」
④ 党派・宗派・流派などで、最も重んじられる書物。基本とされる書物。
※中右記‐大治四年(1129)六月二日「但諸道雖有本書、必有私説口伝」
⑤ 話題にしている、この文書、書籍。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「本書全篇に論ずる所の利害得失は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本書の関連情報