大社の祝凧(読み)たいしゃのいわいだこ

事典 日本の地域ブランド・名産品「大社の祝凧」の解説

大社の祝凧[人形・玩具]
たいしゃのいわいだこ

中国地方、島根県の地域ブランド。
出雲市大社町で製作されている。縁起の良い文字を形どった2枚1組の祝。出雲大社宮司の千家家と北島家の両家に伝わったもの。江戸時代の元禄期、両家に祝い事があると各々の凧を村人があげた。それが大社の祝凧の始まりといわれる。後に一般家庭にも普及し、現在では結婚祝いや新築祝いとして喜ばれている。島根県ふるさと伝統工芸品

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス「大社の祝凧」の解説

大社の祝凧

島根県出雲市大社町で生産される工芸品。鶴と亀の文字が書かれた2枚1組の凧。出雲大社宮司の千家家と北島家に伝わる。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android