コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大脳脚 だいのうきゃく cerebral peduncles

1件 の用語解説(大脳脚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大脳脚
だいのうきゃく
cerebral peduncles

中脳の一部で,被蓋とともに大脳の高次中枢と末梢部とを結ぶ道。大脳皮質の発達につれ,その連絡上生じた新しい部分で,大脳皮質から出る新しい下行神経路のみから成り,その中央部に錐体路,内側部に後頭側橋路,外側部に前頭橋路が通り,直接,橋底部における神経路に続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大脳脚の言及

【中脳】より

…脊椎動物一般にみられ,下等な動物では種々の中枢としての機能をもつが,動物が高等になるにつれて,それらの機能が間脳や大脳に移るために,脳全体に対する中脳の大きさは,高等になるほど小さくなる傾向がある。中脳は,ヒトでは著しく発達した大脳半球におおわれているので,自然のままでは,背面からも側面からもまったく認めることができず,腹面で大脳脚の一部をみうるにすぎない(以下,ヒトの中脳について述べる)。 ヒトの中脳を外からみると,上面には左右合わせて四つの高まりがみられる。…

※「大脳脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大脳脚の関連キーワード後脳大脳中脳脳幹大脳皮質大脳基底核新皮質大脳半球嗅球視覚皮質

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone