コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大脳脚 だいのうきゃくcerebral peduncles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大脳脚
だいのうきゃく
cerebral peduncles

中脳の一部で,被蓋とともに大脳の高次中枢と末梢部とを結ぶ道。大脳皮質の発達につれ,その連絡上生じた新しい部分で,大脳皮質から出る新しい下行神経路のみから成り,その中央部に錐体路,内側部に後頭側橋路,外側部に前頭橋路が通り,直接,橋底部における神経路に続く。中脳水道の腹側部にある被蓋の腹側に左右対をなし,中脳外側溝と動眼神経溝がある。大脳脚と中脳被蓋との境に半月形断面の灰白質で淡黒色に見える黒質 (黒核) があり,大脳半球の内部に続く。大脳脚の左右の間には脚間窩と呼ぶくぼみがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大脳脚の言及

【中脳】より

…脊椎動物一般にみられ,下等な動物では種々の中枢としての機能をもつが,動物が高等になるにつれて,それらの機能が間脳や大脳に移るために,脳全体に対する中脳の大きさは,高等になるほど小さくなる傾向がある。中脳は,ヒトでは著しく発達した大脳半球におおわれているので,自然のままでは,背面からも側面からもまったく認めることができず,腹面で大脳脚の一部をみうるにすぎない(以下,ヒトの中脳について述べる)。 ヒトの中脳を外からみると,上面には左右合わせて四つの高まりがみられる。…

※「大脳脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大脳脚の関連キーワード脳脚症候群勃起

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android