コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵麻呂(読み)おおくらの まろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵麻呂 おおくらの-まろ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)8年(736)遣新羅使(けんしらぎし)少判官となり,途中対馬(つしま)でよんだ歌1首が「万葉集」巻15におさめられている。天平勝宝3年造東大寺司判官,のち次官。その後,聖武(しょうむ)太上天皇大葬の造方相司,丹波守(かみ),玄蕃頭(げんばのかみ)などを歴任。名は万里,万呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android