コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅使 しらぎし

1件 の用語解説(新羅使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅使
しらぎし

新羅 (しらぎ) からの使者のことで,8,9世紀には 20回を数え,日本からの遣新羅使は 17回に及んだ。その数は遣唐使の回数をはるかに超え,大陸の文物の主な輸入ルートであった。8世紀には7世紀以来の新羅朝貢を継続しようとする朝廷と対等を求める新羅との政治対立が続いたが,商業上の利益を重視する新羅の柔軟策で両国の貿易は発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新羅使の言及

【遣新羅使】より

…600‐663年の間日本と親密な関係を続けた百済が唐・新羅によって滅ぼされ,いわゆる百済の役(白村江の戦)がおきて日本と新羅の外交は一時中断したが,668年(天智7)復交すると頻繁な使節の往来があった。この時期,30年間日本と唐の関係は空白状態にあったので,唐留学生・僧が新羅を経由したほか,新羅留学生・僧も少なくなく,律令制確立期の日本の政治・制度・文化に与えた遣新羅使と新羅使の影響は無視できない。(3)第3期(703‐882) 703年(大宝3)以後使節による比較的安定した交流が続いたが,720年代両国の関係に亀裂を生じた。…

※「新羅使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新羅使の関連キーワード新羅新羅楽新羅琴新羅船正使既殿奚許勢奇麻難波吉士木蓮子弥至己知弥州流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新羅使の関連情報