コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大語義字典 だいごぎじてん Etymologicum magnum[ラテン]

1件 の用語解説(大語義字典の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいごぎじてん【大語義字典 Etymologicum magnum[ラテン]】

9世紀末ころにビザンティン帝国で編纂された古代ギリシア語辞典。古典作品への古注に伝えられていた古代ギリシアの文学研究と文法研究の伝統を基にしてフォティオスが編纂させたもので,後代の《語義字典》群の母体のひとつになった。《大語義字典》の本文そのものは現在は消失しているが,記事内容はこれら《語義字典》群に抜粋されて残っている。抜粋版の中にも同名の《大語義字典》と称するものがあるため,消失した本文のほうは区別して《真正大語義字典Etymologicum magnum genuinum》と呼ぶこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大語義字典の関連キーワード刺繍デューク東ローマ帝国ビザンチン建築ビザンチン帝国ラテン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンチン式ビザンチン文化

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone