コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大語義字典 だいごぎじてんEtymologicum magnum[ラテン]

世界大百科事典 第2版の解説

だいごぎじてん【大語義字典 Etymologicum magnum[ラテン]】

9世紀末ころにビザンティン帝国で編纂された古代ギリシア語辞典。古典作品への古注に伝えられていた古代ギリシアの文学研究と文法研究の伝統を基にしてフォティオスが編纂させたもので,後代の《語義字典》群の母体のひとつになった。《大語義字典》の本文そのものは現在は消失しているが,記事内容はこれら《語義字典》群に抜粋されて残っている。抜粋版の中にも同名の《大語義字典》と称するものがあるため,消失した本文のほうは区別して《真正大語義字典Etymologicum magnum genuinum》と呼ぶこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android