古注/古註(読み)コチュウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちゅう【古注/古×註】

古い時代に行われた注釈。特に日本では、国学成立以前の注釈。⇔新注
中国で、経書類に付された注釈のうち、漢代・唐代になされたもの。⇔新注

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

古注【こちゅう】

中国の儒教経典の注釈のうち,漢の馬融(ばゆう),鄭玄(じょうげん),魏の何晏(かあん),王粛(おうしゅく),唐の孔穎達(くようだつ)らの施した注をいう。宋代の程頤(程伊川),朱喜(朱子)らの注を新注と呼ぶのに対する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android