大谷 光紹(読み)オオタニ コウショウ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光紹
オオタニ コウショウ

昭和・平成期の僧侶 東京本願寺住職。



生年
大正14(1925)年3月9日

没年
平成11(1999)年12月24日

出身地
京都府京都市

別名
法号=釈興如,雅号=愚苑

学歴〔年〕
京都大学文学部卒,コロンビア大学大学院修了

経歴
真宗大谷派第24世門首・大谷光暢の長男。いわゆる“お東紛争”で宗派側が象徴門首制度を採用したのに反発して、昭和56年真宗大谷派を離脱。浅草の東京本願寺別院を独立させて、63年浄土真宗東本願寺派を開き“東京本願寺第25世法主”を名のる。大谷派全国仏教青年会連盟総裁を務めた。天皇陛下のいとこに当る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android