大谷 光紹(読み)オオタニ コウショウ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光紹
オオタニ コウショウ

昭和・平成期の僧侶 東京本願寺住職。



生年
大正14(1925)年3月9日

没年
平成11(1999)年12月24日

出身地
京都府京都市

別名
法号=釈興如,雅号=愚苑

学歴〔年〕
京都大学文学部卒,コロンビア大学大学院修了

経歴
真宗大谷派第24世門首・大谷光暢の長男。いわゆる“お東紛争”で宗派側が象徴門首制度を採用したのに反発して、昭和56年真宗大谷派を離脱。浅草の東京本願寺別院を独立させて、63年浄土真宗東本願寺派を開き“東京本願寺第25世法主”を名のる。大谷派全国仏教青年会連盟総裁を務めた。天皇陛下のいとこに当る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android