コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 光紹 オオタニ コウショウ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光紹
オオタニ コウショウ

昭和・平成期の僧侶 東京本願寺住職。



生年
大正14(1925)年3月9日

没年
平成11(1999)年12月24日

出身地
京都府京都市

別名
法号=釈興如,雅号=愚苑

学歴〔年〕
京都大学文学部卒,コロンビア大学大学院修了

経歴
真宗大谷派第24世門首・大谷光暢の長男。いわゆる“お東紛争”で宗派側が象徴門首制度を採用したのに反発して、昭和56年真宗大谷派を離脱。浅草の東京本願寺別院を独立させて、63年浄土真宗東本願寺派を開き“東京本願寺第25世法主”を名のる。大谷派全国仏教青年会連盟総裁を務めた。天皇陛下のいとこに当る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

大谷 光紹の関連キーワード山本 晃紹訓覇 信雄中山 理々

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android