コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷光暢 おおたに こうちょう

2件 の用語解説(大谷光暢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大谷光暢

浄土真宗の僧。東本願寺二十四世。京都生。二十三世大谷句仏の長男。号は愚郊、闡如。欧米・ブラジルを視察し、布教につとめた。平成5年(1993)寂、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光暢 おおたに-こうちょう

1903-1993 大正-平成時代の僧。
明治36年10月1日生まれ。大谷光演の長男。妻は久邇宮邦彦の3女智子(さとこ)。大正14年真宗大谷派24世となる。昭和44年兼務の管長職を長男の大谷光紹にゆずろうとして宗門改革派の反発にあい,「お東さん紛争」をひきおこした。56年同派門首。全日本仏教会会長。平成5年4月13日死去。89歳。京都出身。大谷大卒。法名は闡如(せんにょ)。号は愚郊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大谷光暢の関連キーワード鵜沢寿梅山円了佐田勝田中忠雄土田直鎮殿内芳樹中義勝深沢紅子山本稚彦渡辺稟三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷光暢の関連情報