大阪きゅうり(読み)おおさかきゅうり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大阪きゅうり[果菜類]
おおさかきゅうり

近畿地方、大阪府の地域ブランド。
主に富田林市・南河内郡河南町・南河内郡太子町で生産されている。大阪でのきゅうり栽培の歴史は古く、安土桃山時代に舳松村(現・堺市)の夏きゅうりが、将軍に献上されたという。ビニールハウスを利用した抑制栽培がされている。色鮮やかでみずみずしい香り、歯触りもよい。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android