コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀文右衛門 おおすが ぶんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大須賀文右衛門 おおすが-ぶんえもん

?-? 江戸時代中期の剣術家。
越後(えちご)(新潟県)高田藩士。岡部八左衛門にまなび,のち師範役となった。安永3年(1774)近習となり,膳奉行をかねた。名は信清。著作に「武基伝」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android