近習(読み)きんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近習
きんじゅ

「きんじゅう」とも読む。主君のそば近くに仕える者。平安時代の朝廷に初見され,鎌倉幕府においては制度的にも整備された。室町,戦国時代の諸大名のもとには広く存在し,江戸幕府では新御番と名を改めた。江戸時代初期には,近習のなかで特に才能を認められ,将軍に寵遇された者が近習出頭人 (しゅっとうにん) と呼ばれて近侍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんじゅう【近習】

公家,武家を通じて主君の側近にあって奉仕する役。〈きんじゅ〉と読むことが多い。平安時代の朝廷にもこの称呼はみられるが,職制として成立するのは,鎌倉幕府以降の武家においてである。鎌倉幕府では1203年(建仁3)将軍源実朝の元服のときに陪膳役等を務める近習の称がみえ,23年(貞応2)には六番各3人,37年(嘉禎3)には三番各6人の近習番が定められている。その後50年(建長2)には六番編成で各番16人の定員へと,組織の整備・拡大がなされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近習
きんじゅ

「きんじゅう」「きんず」とも読む。主君の側(そば)近く仕えること。またその人。平安時代の朝廷にすでにこの称がみえ、鎌倉幕府には数人ずつ交代で将軍のもとへ伺候(しこう)する近習番の制度が設けられていた。また「建武(けんむ)式目」に「近習の者を撰(えら)ばるべき事」という箇条があり、室町時代にこの役が重んじられていたことが知られる。江戸幕府も初め近習を置き、そのなかから出頭人が出て政務にあずかったが、中期以降は正規の職制から近習の称は消滅した。[松尾美恵子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近習の言及

【近習】より

…平安時代の朝廷にもこの称呼はみられるが,職制として成立するのは,鎌倉幕府以降の武家においてである。鎌倉幕府では1203年(建仁3)将軍源実朝の元服のときに陪膳役等を務める近習の称がみえ,23年(貞応2)には六番各3人,37年(嘉禎3)には三番各6人の近習番が定められている。その後50年(建長2)には六番編成で各番16人の定員へと,組織の整備・拡大がなされた。…

※「近習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近習の関連情報