コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近習 きんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近習
きんじゅ

「きんじゅう」とも読む。主君のそば近くに仕える者。平安時代の朝廷に初見され,鎌倉幕府においては制度的にも整備された。室町,戦国時代の諸大名のもとには広く存在し,江戸幕府では新御番と名を改めた。江戸時代初期には,近習のなかで特に才能を認められ,将軍に寵遇された者が近習出頭人 (しゅっとうにん) と呼ばれて近侍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐じゅ【近習】

主君のそば近くに仕える役。近侍(きんじ)。きんじゅう。

きん‐じゅう〔‐ジフ〕【近習】

きんじゅ(近習)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんじゅう【近習】

公家,武家を通じて主君の側近にあって奉仕する役。〈きんじゅ〉と読むことが多い。平安時代の朝廷にもこの称呼はみられるが,職制として成立するのは,鎌倉幕府以降の武家においてである。鎌倉幕府では1203年(建仁3)将軍源実朝の元服のときに陪膳役等を務める近習の称がみえ,23年(貞応2)には六番各3人,37年(嘉禎3)には三番各6人の近習番が定められている。その後50年(建長2)には六番編成で各番16人の定員へと,組織の整備・拡大がなされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんじゅ【近習】

主君のそば近くに仕える者。近侍。近寄衆。きんじゅう。

きんじゅう【近習】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近習
きんじゅ

「きんじゅう」「きんず」とも読む。主君の側(そば)近く仕えること。またその人。平安時代の朝廷にすでにこの称がみえ、鎌倉幕府には数人ずつ交代で将軍のもとへ伺候(しこう)する近習番の制度が設けられていた。また「建武(けんむ)式目」に「近習の者を撰(えら)ばるべき事」という箇条があり、室町時代にこの役が重んじられていたことが知られる。江戸幕府も初め近習を置き、そのなかから出頭人が出て政務にあずかったが、中期以降は正規の職制から近習の称は消滅した。[松尾美恵子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近習の言及

【近習】より

…平安時代の朝廷にもこの称呼はみられるが,職制として成立するのは,鎌倉幕府以降の武家においてである。鎌倉幕府では1203年(建仁3)将軍源実朝の元服のときに陪膳役等を務める近習の称がみえ,23年(貞応2)には六番各3人,37年(嘉禎3)には三番各6人の近習番が定められている。その後50年(建長2)には六番編成で各番16人の定員へと,組織の整備・拡大がなされた。…

※「近習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近習の関連キーワード賤ヶ岳の七本槍・賎ヶ嶽の七本槍チュラロンコン大学大須賀文右衛門賤ヶ岳の七本槍喜多十大夫長経北条時定(2)昵近衆・直近衆大久保忠隣そそりあぐ樋口石見守岡村定之丞二階堂行清大内定盛永井尚政安達顕盛一色持信一色藤長阿部重次山内盛熹遊佐確斎