大食漢(読み)タイショクカン

デジタル大辞泉の解説

たいしょく‐かん【大食漢】

大食する人。健啖(けんたん)家。ふつう男性についていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしょくかん【大食漢】

大食する人。おおぐらい。健啖家けんたんか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいしょく‐かん【大食漢】

〘名〙 おおぐらいの男。大食家の男。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座と築地の憶出「大抵の大食漢も七つか八つで満腹して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大食漢の関連情報