大抵(読み)タイテイ

デジタル大辞泉「大抵」の解説

たい‐てい【大抵】

[名]
事柄の主要な部分。「事の大抵を知る」
事柄のあらまし。だいたいのようす。また、全体のうちの大部分。おおよそ。おおかた。「大抵の人が賛成している」
[形動]
(多くあとに打消しの語を伴って用いる)普通であるさま。「苦労は大抵ではない」
「琴や三味線は―で善いから、十分に学問をさせる」〈鉄腸雪中梅
大部分に及ぶさま。
「―な者は見たばかりでけむに巻かれるそうだ」〈魯庵社会百面相
ちょうどよい程度であるさま。ほどほど。「勉強も大抵にしなさい」
[副]
ほとんどすべてに及ぶさま。たいがい。「温泉なら大抵行った」「休日は大抵家で過ごす」
かなり確かだと推測するさま。ほぼ間違いなく。十中八九。「八時過ぎなら大抵会えるだろう」
(あとに打消しの語を伴って用いる)ひととおりに。ありきたりに。
「あの妹御のお才様は、―気立てのよいお人ぢゃないけれど」〈・幼稚子敵討〉
ひととおりでなく。相当に。
「是でも―銭をかけて習ったのだあ」〈滑・浮世風呂・前〉
[類語](1大概大体大方おおかたあらかた大部分ほとんど大半大多数絶対多数九分通り十中八九九分九厘おおむね概して多く普通通例およ総じて全般百般万般多数数多無数あまたあまねく通じてほぼおおよそ総体大略押しなべて/(2多分たぶん恐らくまず大方おおかた十中八九たしか文字通りまさにまさしく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android