コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大抵 タイテイ

1件 の用語解説(大抵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐てい【大抵】

[名]
事柄の主要な部分。「事の大抵を知る」
事柄のあらまし。だいたいのようす。また、全体のうちの大部分。おおよそ。おおかた。「大抵の人が賛成している」
[形動]
(多くあとに打消しの語を伴って用いる)普通であるさま。「苦労は大抵ではない」
「琴や三味線は―で善いから、十分に学問をさせる」〈鉄腸雪中梅
大部分に及ぶさま。
「―な者は見たばかりで烟(けむ)に巻かれるそうだ」〈魯庵社会百面相
ちょうどよい程度であるさま。ほどほど。「勉強も大抵にしなさい」
[副]
ほとんどすべてに及ぶさま。たいがい。「温泉なら大抵行った」「休日は大抵家で過ごす」
かなり確かだと推測するさま。ほぼ間違いなく。十中八九。「八時過ぎなら大抵会えるだろう」
(あとに打消しの語を伴って用いる)ひととおりに。ありきたりに。
「あの妹御のお才様は、―気立てのよいお人ぢゃないけれど」〈伎・幼稚子敵討〉
ひととおりでなく。相当に。
「是でも―銭をかけて習ったのだあ」〈滑・浮世風呂・前〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大抵の関連キーワード大綱骨幹主眼主部主役主力精髄中核脈所利所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大抵の関連情報