大鳥道右衛門(読み)おおとり みちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大鳥道右衛門 おおとり-みちえもん

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
京都や江戸で修業したのち,宝永5年(1708)大坂へもどる。しだいに実悪(じつあく)の役者として名をあげ当時の第一人者と評された。前名は大鳥九郎次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android