コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の原 アマノハラ

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐はら【天の原】

[名]
広々とした大空。
「―ふりさけ見れば大君の御寿(みいのち)は長く天足らしたり」〈・一四七〉
日本神話で、天上界のこと。高天原
「―石門(いはと)を開き神上がり」〈・一六七〉
[枕]「富士」にかかる。
「―富士の柴山木の暗(くれ)の」〈・三三五五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまのはら【天の原】

大空。 「 -雲なき夕よいに/万葉集 1712
天つ神のいる世界。天上界。 「天皇すめろきの敷きます国と-石門いわとを開き神上り上りいましぬ/万葉集 167

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天の原の関連キーワードエゴノリ(恵胡海苔)言ひ継ぎ・言ひ次ぎオオブサ(大房)オゴノリ(海髪)マクサ(真草)火夏星・熒惑星振り放け見るオオオゴノリ阿倍仲麻呂宗尊親王エゴノリオバクサ産霊の神百人一首ものかはオニクサ的山大島ゆいきり神上がる間人大浦

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android