コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の原 アマノハラ

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐はら【天の原】

[名]
広々とした大空。
「―ふりさけ見れば大君の御寿(みいのち)は長く天足らしたり」〈・一四七〉
日本神話で、天上界のこと。高天原
「―石門(いはと)を開き神上がり」〈・一六七〉
[枕]「富士」にかかる。
「―富士の柴山木の暗(くれ)の」〈・三三五五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまのはら【天の原】

大空。 「 -雲なき夕よいに/万葉集 1712
天つ神のいる世界。天上界。 「天皇すめろきの敷きます国と-石門いわとを開き神上り上りいましぬ/万葉集 167

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android