コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天夷鳥命 あめのひなとりのみこと

世界大百科事典内の天夷鳥命の言及

【天穂日命】より

…名義は高天原(たかまがはら)に由来する稲穂の神霊の意。国譲り神話のなかでは高天原より葦原中国(あしはらのなかつくに)へ派遣され,大国主神(おおくにぬしのかみ)に媚びて3年のあいだ滞留し復命しなかったと語られているが,《出雲国造神賀詞(かむよごと)》では復命のうえ,その子天夷鳥命(あめのひなとりのみこと)を地上に遣わしオオクニヌシに国譲りさせたとなっている。【阪下 圭八】。…

※「天夷鳥命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天夷鳥命の関連キーワード馬見岡綿向神社天穂日命武日照命