コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲国造神賀詞 いずものくにのみやつこのかむよごと

世界大百科事典 第2版の解説

いずものくにのみやつこのかむよごと【出雲国造神賀詞】

出雲国造が新任の時,出雲の神々(186社)を1年間潔して祭り,その神々の祝いの言葉を朝廷に出て奏上するとともに臣従を誓う時の祝詞(のりと)。終われば帰国し,再び1年間潔斎する。第1段は出雲での祭祀,第2段は神賀詞奏上の起源,第3段は神宝・贄(にえ)を奉る次第を述べ,天皇の世を寿(ことほ)ぐ。天武朝の成立か。文章は荘重古雅。《延喜式》祝詞27編中の雄編の一つである。【西宮 一民】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の出雲国造神賀詞の言及

【出雲国造】より

…しかし6世紀後半から,まず出雲西部に,ついで意宇平野の東にもヤマト朝廷の制圧が及んでくると,服属して出雲国造とされた。服属のようすは,《出雲国造神賀詞(かむよごと)》にみられるように,出雲国内186社の神々の総意を代表するかたちをとり,大穴持命(おおなもちのみこと)の和魂(にぎたま)を三輪山・葛城山・飛鳥おのおのの神奈備と雲梯(うなて)神社の地に〈皇孫命(すめみまのみこと)の近き守り神〉として鎮座させ,祝いの神宝の品々を献上するというかたちをとっていた。このあと,出雲氏,姓は臣を名のるようになった出雲国造は,采女(うねめ)・トネリを都へ送り,出雲国内に屯倉(みやけ)の設置や各種の部民(べみん)の措定をすすめ,旧領域下に評(こおり∥ひよう)制の施行も認めるようになった。…

【国譲り神話】より

…つまり国譲り神話は各地の首長たちが朝廷へと服属していった歴史的過程を一回的に典型化して,その由来を語ったものなのである。そしてこの神話を儀礼として表現したものが《出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかむよごと)》の奏上であった(《延喜式》)。これは出雲国造が代替りごとに宮廷に参上して寿詞(よごと)を述べ,諸々の国造の総代として,朝廷への服属を誓う儀式であった。…

※「出雲国造神賀詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出雲国造神賀詞の関連キーワード取り付ける・取付ける八百丹・八百土真屋・両下現事・顕事生日の足日国譲り神話厳・稜威出雲国造天穂日命古田足日事代主神熊野大社大物主神現つ御神日真名子足る日明御神神寿詞神奈備赤らぶ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android